52号線未着手区間整備の情報交流懇談会に70人参加

52号線未着手区間整備の情報交流懇談会に70人参加

「え~そんな計画あったの」「初めて聞いてビックリ」「計画の進捗状況は」など次々に質問、驚きと憤りの声

12月9日、祖師谷まちづくりセンターで開催した52号線の情報共有の住民懇談会には超満員の70人が参加。幹事から都市計画道路52号線の経過と計画の進行状況、とくに東京都が「あり方の基本方針」で環八から成城の未着手区間整備(裏面に図)を検討していることを詳細に報告。参加者からは次々に「えーそんな計画があったの」「初めて知った」など驚きと憤りの声。さらに計画の進捗状況と今後の動きに質問が集中しました。質疑では幹事から計画の違法性や問題点も報告。どうしたら計画を食い止められるかなどの意見が多数出されました。

「成城4丁目550m廃止の教訓は」「これに学んで住民の声を広げよう」「計画を止めるために私も何かしたい」

参加者から「計画を止めた成城4丁目の550㍍廃止の教訓が聞きたい」との発言に、成城の方が自治会ぐるみで頑張った教訓をリアルに報告されました。

これに励まされ参加者からは「成城の教訓を生かして大規模に取り組もう」「議員を巻き込むことが大事だ」「地元で会を作ろう」などの発言が相次ぎました。今後の取り組みとして、相談会の開催を確認しました。当日は募金12000円と10名の入会がありました。

情勢の動きに対応して、第2回の懇談会を開くことになりました。みなさん、ご参加ください。